アクシア

夕月みのり先生(アクシア)の口コミ | その1

更新日:

アクシアの夕月みのり先生に占ってもらいました

40代前半。会社員のヒョースンさんが「会社内で派閥争い」について占ってもらった時の感想です。
夕月みのり(ゆうづきみのり)先生には霊視・霊感で占いをしてもらいました。

会社での派閥争い

1.夕月みのり先生に占ってもらった内容

会社内で派閥争いが生まれていることが中間管理職になって分かってきました。

今までどの派閥にも属さずに、技術畑を歩んできたものの、管理職となってしまうと徐々に影響が出てしまうので悩みの種でした。
創業家とは無縁の専務派と、創業家の子息が取締役常務となっていたので、どちらに付いて行けば良いのか悩んでいました。

なぜなら、将来分社化が進んだ時に、選択を誤ると会社倒産の可能性が出てくるからです。
実力がある専務派に進んで良いのか鑑定してもらうことにしました。

2.夕月みのり先生からのアドバイス

技術畑を歩いてきて、特定の技術力があるならば、管理職となっても技術者としての腕を落とさないようにしていれば、派閥に関係無く生き残れるという話をしてもらいました。

専務は平社員から営業力を活かして取締役専務にまで上がったので、年齢は既に50代でしたが、人望がそれなりにありました。
一方、常務取締役は創業家会長の息子ですから、本人の能力は未知数です。

無理に派閥に属さなくても、技術者としての地位が確率されていれば、会社の将来性を経営者以上に理解しているはずだからこそ、自らの直感を信じて良いとアドバイスをもらいました。

3.夕月みのり先生の雰囲気

霊感が優れているという評判を聞いていたので、緊張して鑑定に望みましたが、実際には明るくハッキリした口調でアドバイスしてもらえるので、悩んでいたことが小さなことに思えて来ました。

確かに技術者から管理職になった人は少ないので、今でも部下と共に技術開発部門で毎日研究をしている状況に変わりません。
視点がミクロに偏り過ぎていたことを反省するキッカケを与えてくれる明るい雰囲気が電話口からも伝わって来ました。

4.占いの結果は当たっていたのか?

自分の直感を信じる

専務と常務両方の派閥からの誘いが続いていましたが、幸いお酒が全く飲めない体質と技術開発に携わっていたので、無理に派閥に入らない形を続けることにしました。
必ずどちらかに付かなければならないという考え方自体が昔の考え方に思えたので、経営に携わる予定も無く技術畑をこのまま歩むことだけを考えていると明確に両派閥に属している人にも宣言して、今では堅物として通っています。

直感を信じて良いというアドバイス通りにしているだけですが、自然体で振る舞えたことが良かったと考えています。

夕月みのり先生に占ってもらった感想

4.ほとんど当たっている

3.もう一回くらいは占ってもらいたい

-アクシア
-, ,

Copyright© 電話占いの口コミとランキング | うらなび , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.